過払い金に関しては弁護士に相談を。

二世帯同居なら大きな家が手に入る

二世帯同居なら大きな家が手に入る

大きい家には強い憧れを持つ人が多いと思います。ただ、やはり核家族で家を持つとなると、コンパクトな家になることの方が一般的です。居住する人数が多くない以上、大きな家が必要でなくなるからです。
大きな家として存在していることが多いのは、やはり二世帯住宅でしょう。夫婦とその子供だけが生活するのに供される住宅に比べると、更に祖父母が加わる二世帯住宅はやはり一回りも二回りも大きいのです。居住人数が増えるということは、必要なスペースも増えるということです。その需要を満たすには、自然と大きな家になります。友人にも勧めました二世帯住宅 間取りの情報があります。

 

大きな家を持つ時のデメリットと言えるのが、税金の負担です。建物が大きいと評価額が高くなるので、毎年の固定資産税額も大きくなりやすいです。ですが二世帯で同居していれば、それぞれの世帯で固定資産税を負担し合うことも可能です。結果的に単世帯で家を持つ時よりも少ない税負担で済む可能性も高くなるので、大きな家と少ないコストという相反する現象を両立できるというわけです。


ホーム RSS購読 サイトマップ